2018年04月22日更新

インスタグラムのスクショには少し注意

スマホを使っているとき、スクショをしたことがある人は多いはず。
素敵な写真だったり、行ってみたいお店をチェックしたりするときに使う人が多くいます。
インスタグラムでもきれいな写真や、行ってみたい場所を見つけたらスクショを使いたくなるものです。
好きな人と相互フォローになり、思い出の写真が投稿されていたとしたら。
これはぜひスクショしたくなります。
でも相手にスクショしたことがバレるのか、気になってしまいます。
インスタグラムには多くの機能がありますが、スクショは必ず知られてしまうのでしょうか。

一覧になって表示されている投稿は、相手にバレません。
「友達とシェアできます」と表示されても、通知が行ったわけではないです。
素敵な写真を見つけて保存しておくのは構いませんが、スクショしなくてもインスタグラムには便利な機能があります。
通常の投稿には「いいね」や「コメント」のボタンと一緒に、保存機能のあるボタンも表示されているはず。
右下にリボンのようなマークがあるので、ここを押せば好きな写真を自分のコレクションとして保存できます。
お気に入りの写真を見つけたときに活用できて便利です。

投稿した動画や静止画が24時間経てば自動的に消える、ストーリー機能も相手にスクショが通知されないので大丈夫。
ただしストーリーの場合、見に来た人のIDが表示されるため閲覧したことはバレます。
スクショは分かりません。
足跡がつくことを気にする人もいますが、フォロワーがいるのに全然見に来てもらえないのは寂しいものです。
フォロワーに「見たよ」と伝わるので、気になるストーリーは見に行ってみてはいかがでしょうか。

気を付けたいのはダイレクトメッセージの場合です。
個人的にメッセージのやり取りをする中で、動画や静止画を送ることも出てくるでしょう。
ダイレクトメッセージで消える動画や静止画を受け取りスクショをしたら、そのときはバレます。
動画や静止画の種類によること、そしてダイレクトメッセージであることの2つを覚えておくと良いです。
スクショしたことはメッセージ内に表示され、たとえ相手がインスタグラムのアプリを開いていなくてもしっかり通知されます。

ダイレクトメッセージをする親しい友達なら気にならないかもしれませんが、仲良くなったばかりなのに黙ってスクショするのは控えたほうが良さそうです。
「スクショしても良い?」など、聞いてみるのはいかがでしょうか。
きちんと確認するのはマナーとして必要だし、勝手なことをしない人というイメージにもつながります。
今後も相互フォローでいる、仲の良い友達でいるためにもお互いが安心できる使い方をしましょう。

あわせて読みたい記事